ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点

脂肪がつきにくい身体づくりをしたいという人におすすめなのが筋肉運動です。

Topics

筋肉量を増やす運動を生活の中に取り入れるコツ

ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点 脂肪がつきにくい身体づくりをしたいという人におすすめなのが筋肉運動です。体内の筋肉量を増やすことは、基礎代謝量を増やすことにつながるので、結果としてエネルギーの消費量も増加し、内臓脂肪が蓄積しにくい身体づくりが可能になります。しかし、筋肉運動と言うと、ジムに通ってバーベルを持ち上げたり、専用のトレーニングマシンを使わないと出来ないのではと考えるかもしれませんが、実際には坂道や階段を上り下りするスローピングや軽い腹筋、背筋運動、浅めの屈伸運動の反復などによっても十分効果を期待することができます。

最近では、サーキットトレーニングと呼ばれる有酸素運動と筋肉運動を30秒単位で交互に繰り返し、10分間継続するというトレーニング方法も注目されています。具体的には腹筋や腕立て伏せをそれぞれ30秒毎に行い、その間にウォーキング30秒を取り入れるといったやり方です。ただ、これを集中して行うにはスポーツジムでの専門的な指導の下で行った方が効果的なので、ポイントだけ応用して、ウォーキングの途中に軽い屈伸や腕立てなどを取り入れながら、有酸素運動と筋肉運動をミックスさせるようにすると効果的です。また、毎日の生活の中で継続して行うことが重要なので、続けやすい内容にすることが大切です。

注目情報

Copyright (C)2019ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点.All rights reserved.