ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点

生活習慣病にかかりやすい人に多い傾向の一つが運動不足です。

Topics

生活習慣病を予防するために大切な運動の習慣化

ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点 生活習慣病にかかりやすい人に多い傾向の一つが運動不足です。例えば、デスクワーク中心の仕事でほとんど座りっぱなしの仕事をしていたり、休日は外出せずにほとんど家の中にいたり、エスカレーターやエレベーターを無意識に使ってしまったりする人は注意が必要です。適度な運動は血管を健康な状態に保つために有効なので、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中になる危険を減らすことに役立ちます。更にメタボリックシンドロームのリスクも軽減してくれるでしょう。できれば、生活習慣病の予防のためにも、週に最低3日は、1回30分くらいの適度な運動をするように心がけましょう。例えば、通勤や通学の際に、下りる駅のひとつ前で下りて一駅分の距離を歩いてみるというやり方がおすすめです。

また、ウォーキングやスイミング、ジムでの運動、ラジオ体操など自分の好きなことから始めてみるのも良いでしょう。大切なのは自分が毎日続けられるような運動を習慣化することです。ただ、早朝にウォーキングをする場合には、気を付けなければいけない点があります。それは起きてすぐの人間の体はかなり水分が失われている状態になっているので、そのまま水分補給をせずに歩きはじめると脱水症状を起こす危険があります。きちんと水分補給をしてからスタートすることが大切です。

Copyright (C)2019ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点.All rights reserved.