ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点

生活習慣病と大きな関わりのある数値として挙げられるのが、血圧、血糖値、そして脂質です。

Topics

生活習慣病を把握するために血圧、血糖値、腹囲に注意しよう

ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点 生活習慣病と大きな関わりのある数値として挙げられるのが、血圧、血糖値、そして脂質です。健康診断を受けた際には、必ずこれらの数値を前年と比較してみるようにしましょう。また、腹囲の数値に関しても注意しておく必要があります。これらの数値はそれぞれ血圧であれば高血圧、血糖値なら糖尿病、脂質は脂質異常症などにより動脈硬化を引き起こす要因になります。腹囲はメタボリックシンドロームかどうかの判断の目安になってきます。お腹の周辺部分というのは内臓脂肪がつきやすい部位だからです。

生活習慣病の危険なところは、症状の自覚がほとんどなかったり、かなり症状が深刻になってから実感できる症状が現れることが多いことです。そのため、毎年の健康診断を欠かさないようにして数値の比較をするとともに、気になる場合には医師への相談をするなどして、自分自身の体の異常を常に把握しておくことが大切になります。また、適度な運動を心がけるようにしたり、塩分や脂肪分を控えた食事のメニューを意識すること、あるいは早食いをせずに、じっくりと咀嚼するようにして、少ない食物の摂取量で満腹感を得られるようにすることなど、日頃から生活習慣病につながってしまうリスクを軽減させることも大切です。

注目情報

Copyright (C)2019ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点.All rights reserved.