ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点

高血圧な人が心がけるべき食生活のポイントは塩分の摂取量を抑えることです。

Topics

塩分の摂取量を抑える食生活のポイント

ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点 高血圧な人が心がけるべき食生活のポイントは塩分の摂取量を抑えることです。日本人は欧米人に比べて塩分の摂取量が多い傾向にあるので、意識して減塩に取り組まなければ、知らず知らずのうちに塩分過剰の食生活に陥りがちです。また、国内では一日の平均塩分摂取量の目安は6グラム未満と設定されていますが、欧米では理想的な摂取量は3.8グラムとするガイドラインが示されているように、出来る限り少なくする方が高血圧の改善には良いと言われています。

具体的な減塩のコツとしておすすめなのが、揚げ物や焼き肉などには、醤油やソースの代わりにレモンやゆず、コショウ、ゴマなどをかけて見ること、醤油や塩の代わりに昆布や鰹節などでとった天然の出汁を使用すること、調味料は小皿にとってそれにつけて食べるようにすること、ラーメンやそば、うどんの汁は飲み干さないようにすること、などです。一方で、カリウムやマグネシウムなどのミネラル類をしっかりとることも大切です。例えばカリウムには腎臓から不要な塩分を排出する働きがあります。カリウムは野菜や果物、海藻類、豆類などに豊富に含まれており、どれも低カロリーのものばかりなため、カロリー取り過ぎずに減塩効果を期待することができる高血圧の方には最適な食品です。

注目情報

Copyright (C)2019ダイエットに重点を置いた生活を送るための注意点.All rights reserved.